動脈硬化と血圧には、とても深い関係があります。 高血圧になると血管に大きな負担をかけてしまって、動脈が硬くなり、動脈硬化を発症させやすい状態になります。 そのため、高血圧の方は動脈硬化を併発させる可能性が高いです。 つまり、高血圧を防ぐことが動脈硬化の予防にも繋がるでしょう。 例えば、以下のような人は高血圧になりやすいと思ってください。 ・味付けが濃いものを好む ・野菜を全く食べない ・運動不足 ・ストレスを溜めている ・喫煙をしている ・お酒が好き ・血糖値が高い ・脂っこいものをよく食べる このように、食生活が乱れている人や運動を普段していない人、ストレスが溜まりやすい人は、高血圧になりやすいので注意が必要です。 高血圧を予防するためにも、栄養バランスの取れた食事をすること、適度な運動をすること、ストレスを溜めないことなどが重要になってきます。 これは高血圧はもちろん、動脈硬化を予防するためにも有効なことなので、今からでも実践してみてはいかがでしょうか?